黄花夏の影踏み。 花&れな♪
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2007'12.07.Fri

花&れな♪

お友達のYOKOの愛うさちゃんの「れな」

20071128170816.jpg


お転婆娘らしいけど、元気な証拠♪

うさぎ飼いのみなさんは置いてる物の前にバリケードを立ててる人が多いね。
風砂の友達のうさ飼いは大抵そうだよ。
れなママもいろいろ工夫して、れなが怪我しないようにいろんな場所を上手に塞いでる。

花はソファーの後とか椅子の下にたまにいたりしたけど
いつもいる場所はテレビの前。
家族みんなが目の前にいてもテレビの前でゴロンとなって寝ていたよ。
風砂の部屋では、ちょっとした棚の上と風砂の横か後がお気に入りだったよ。

hana_fusa.gif


うさぎっぽくないうさぎだったのかなぁ?
なんだか「うさぎ」って言葉で表現するのが嫌なくらい、なんてゆーのかなぁ…
姿は違っても私達は親友なのさ。

ところで寒くなると体調悪くなったりいろいろしちゃう時期だね。
だけど「もうダメだ」と諦めちゃいけないと思う。
どんな気持ちも彼等は感じ取るものだよ。マイナスのイメージなら尚更。
生きる事を諦めていない相手よりも先に諦めようとするのはいけないの。辛くても。

花なんて突然歩けなくなって立つ事も出来なかったしご飯だって食べれなくなったけど
毎日つきっきりで看病して、頑張れ!負けないでって気持ちを送ってたら
ある日ね、ご飯は普段どおりモグモグいっぱい食べて
ケージの外へ元気に飛び出して、みんなの前で走ってみせたよ。
それが最後の花の元気な姿だったけど、でも気持ちって伝わるんだよね。
「こんなに元気になったよ。だから安心してね。ありがとう」って全身で伝えた。

動物と人。言葉はわからなくても気持ちは届くよ。

だからどんな時だって諦めたらダメ。諦めるなんて相手に失礼だよ。
最後の瞬間にお互いが心から「ありがとう」って言えるように悔いのない毎日を過ごそう。

花。トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。