黄花夏の影踏み。 保温電球を下げてみた。
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2008'11.17.Mon

保温電球を下げてみた。

不満度80%

なかなかの不満顔。寝起きです。

昨夜も遊んでいたみたい。良かったー。

数日前に保温電球を設置したんだけど場所に困った困った。
角につけたら布で覆えないし、ゲージのプラスチックが溶けるかも?
天井に設置したら布掛けれないしなぁ…
なんて事を考えて試行錯誤。
保温電球って表よりも裏の方が断然熱量が大きいと思う。
で、結果的に”ぶら下げるしかない”と思ったの。

何にぶら下げるかなぁ…と思ったんだけど思いついたのが
ケーキクーラー!!しかもジャストサイズです。

保温電球しっかり働いてね。

ケーキクーラーをピン3つを繋げて天井からぶら下げる。
2つだとダメみたい。裏側の熱に布が負けてしまうから。
でも3つだと布で覆っても大丈夫。
だけど布→毛布の順番にしている。
ピンの長さは1つ5センチくらいかなぁ
ちょっと心配なので卵のパックの上下をカットしてゲージの上へ。
熱くなる場所の両サイドに置いて上に布と毛布を掛ける。
そうすると覆ってしまっても大丈夫。
ただし温度が室温の5?6℃上がるので湿度に注意かも。
ゲージの広さによってはかなり温度上昇するので気を付けて。
ちょっと心配だったら数時間置きに卵パックと布の空間に手をやると
ゲージの網に触れられるので温度をチェックするといいね。

上から見るとこんな感じ。

上から。

一番遊ぶ場所がポカポカ状態。

ちなみにケーキクーラーは以前ダイソーで買ったもの。
ピンも画鋲のセットに入っていたもの。
って事で総額210円。

■温度25℃、湿度42%
■体重392g
■ご飯11g
■ミル●●●●●
■ロギ×
小物。トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。